忍者ブログ
◆ 最近は、体と生活リズムが壊れてるところです。 (2012/09/23)
 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
かいてるひと:ama
サイト:Passionate SAffron


発想切り売りサイトを運営。
「世界樹の迷宮キャラスレまとめサイト」では、中の人だよってしょっちゅう公言してるけど暗黙の了解で同一人物とはされない、みたいな立場を目指しています。

メール:
syhryh.sd@gmail.com



ニコニコ :
11586588
pixiv :
944336
ピアプロ :
MZRSEN
Twitter :
MZRSEN
漫画読もっ! :
daydreammix

いや、何でも貼りゃいいってもんじゃないな。
最新のコメント
ama (06/19)
冬草夏虫 (06/19)
ama (06/06)
冬草夏虫 (06/05)
ama (06/04)
(ら) (06/02)
ama (04/16)
No Name (04/14)
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その昔アップした画像、ゲーム編。

たびたび、ゲームを作ろうと言っている。ほとんどはボツになるが、中にはカードゲームとして案の成り立つものもある。




2007年の12月、『RED or BLUE』というゲームを考えついた。

1~5まで各4枚ずつ、計20枚の数字札がある。どの数字も、赤2枚&青2枚の組み合わせであり、2人のプレイヤーにはランダムの色で1~5の数字札が1枚ずつ配られる。

【1赤】【2青】【3赤】【4赤】【5青】
かもしれないし、
【1赤】【2赤】【3青】【4青】【5青】
かもしれないし、
それは配られてみないと解らない。

続いて、2人は同時にどれか1枚カードを出し合う。
もしそれが同じ色同士だったら、数字の大きいカードを出したプレイヤーに1点。違う色だったら、数字の小さいカードを出したプレイヤーに1点加算される。

同じ色且つ数字が同じなら……説明が漏れていたが、ゲームの最初にどちらかが青と名乗り、片方が赤と名乗るよう、うちあわせしておく。数字も色も同じカードが出されたなら、そのカードの色を名乗ったほうに1点を加算する。

違う色且つ同じ数字なら、ドローとして点数は加算されない。




カードを1度出し合うたびに、場に『表明カード』が出される。
これも1~5まで1枚ずつあり、互いに出された数字について、何色のカードを持っているかを表明しなければならない。ただし、色は嘘をついても良い。

――ルールとしてはこれっきりだが、果たして対コンピュータ、対人で行って面白いかどうかは、未知数。


-----------------------



こちらはボツゲーム。変則すごろくRPG。
サイコロの目がむこうずっとずっと決まっており、それをパスしたり、あえて利用したりしながら進んでいく。




視認できるサイコロを5ターン分に限り、『必然! ファイブダイス』と命名(このへん由来に諸説あり)。
4つめの職業が一番とりたてて特徴がないのは、ちょっとゲームの文法上おかしいかと思う。寧ろ一番クセがありそうなのに。




モンスターは全て影絵にしようとか考えていた。どうかと思う。
 


いま作っているゲームは、ボツらせないよう、仕事中でもゲームバランスを考えたりしながら頑張っています。
 
PR
NAME:

URL:

COMMENT:

<<いつかの写真展 | HOME | 6年前>>
【PR】 忍者ブログ [PR]