忍者ブログ
◆ 最近は、体と生活リズムが壊れてるところです。 (2012/09/23)
 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
かいてるひと:ama
サイト:Passionate SAffron


発想切り売りサイトを運営。
「世界樹の迷宮キャラスレまとめサイト」では、中の人だよってしょっちゅう公言してるけど暗黙の了解で同一人物とはされない、みたいな立場を目指しています。

メール:
syhryh.sd@gmail.com



ニコニコ :
11586588
pixiv :
944336
ピアプロ :
MZRSEN
Twitter :
MZRSEN
漫画読もっ! :
daydreammix

いや、何でも貼りゃいいってもんじゃないな。
最新のコメント
ama (06/19)
冬草夏虫 (06/19)
ama (06/06)
冬草夏虫 (06/05)
ama (06/04)
(ら) (06/02)
ama (04/16)
No Name (04/14)
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高橋葉介と言う漫画家の作品が好きなのだが、1970年代から活動しており、新装版や文庫版の再販が多く、どう集めようか頭を悩ませている。特に問題は短期連載&読み切りだ。

まず、オリジナル版。単行本サイズや大版サイズで発刊される、1979年から現在までの作品群だ。特に最初の4冊には「ヨウスケの奇妙な世界」と標題がふられている。




それらが、1987年に一度「高橋葉介作品集」として再構成された。



厄介なのは、オリジナル版をそのまま再録したわけでも、合本にしたわけでもなく、順番が入れ替わっていたり初収録の話があったりすることだ。

例えば「奇妙な世界1 腹話術」に収録されている作品は、すべて「作品集1 ミルクがねじを回す時」に収録されているが、順序が入れ替えされているうえ新たに『妖獣の女王』が収録されている。

「奇妙な世界4 宵闇通りのブン」に収録されていた『傷つきやすい青春』は「作品集3 ライヤー教授の午後」に収録されており、代わりに「作品集4 宵闇通りのブン」には、朝日ソノラマ刊「真琴・グッドバイ」(順番としては奇妙な世界5)に収録されていた『たった一人の日本人』が収録されている。

じゃあ「真琴・グッドバイ」の表題作は何に収録されているのかと言うと、「作品集5 海から来たドール」なのだが、この本にはオリジナル版「海から来たドール」と「WOMAN'S ISLAND」、「Uボート・レディ」からも作品が選ばれている。

そしてオリジナル版「海から~」と「WOMAN'S~」の残りの作品は「作品集6 猫夫人」に収録されているが、『たんぽぽ姫』だけは別に「作品集4 宵闇通りのブン」に載せられている。
また、「作品集10 腸詰工場の少女」には『Uボート・レディ』が収録されているが、本来オリジナル版「Uボート~」に同時収録されていた作品は、作品集3や5や6に収められている。

ええと、なんだっけ?


割とここまででもどうしようかと困惑するが、つまり、オリジナル版と87年版では、本来別の本に載っていたつながりのある話同士がまとめられたり、そのシワ寄せで読み切りが別の本に入ったり、ついでに、ページの余ったところに初収録作品も載ったりしているので、そりゃあもうややこしいのである。




そして1998年に、「ヨウスケの奇妙な世界 文庫版」が刊行された。
標題こそオリジナル版と同じだが作品集よりも小分けにされており、更に再構成を加えたものだから、いっそう収録作がバラバラになった。

「奇妙な世界1 腹話術」から「作品集1 ミルクがねじを回す時」になった際に追加収録された『妖獣の女王』は、今回「文庫版17 ここに愛の手を」所載となっている。その『ここに愛の手を』は、オリジナル、作品集共に『腸詰工場の少女』と併せて収録されていた作品だ。

さっぱり解らなくなってきた。
一体、どの版で揃えれば全作品を堪能できるのだろう?


最終的には文庫版が一番なのかもしれないが、しかし文庫版の通し番号は、長編連載の「夢幻紳士」シリーズから始まっているのだ。
夢幻紳士は高橋葉介のライフワークとも呼べるシリーズで、マンガ少年版、キャプテン版、怪奇編、外伝、幻想篇、逢魔篇、回帰篇と分かれている。

そのうちマンガ少年版は文庫版1として再録。
怪奇編は作品集11~12、文庫版2~3として再録。
外伝は文庫版4~6として再録。
キャプテン版は作品集13~19と、スコラ漫画文庫として前述の文庫とは別に再録。
幻想篇以降は大版でしか出ていない。
結局、うまく順番に並ばないのだ。それに文庫版は表紙が……寂しい。

重複に目をつむって全て揃えるか、版型がバラバラになってでもうまく重複がないよう揃えるか……後者を狙いたいが、あまりにも、パズル過ぎる。
 
とりあえず、変動の少ない「怪談」の文庫版でも買おうかな……と思ったら、これには「作品集2 仮面少年」から『井戸の怪』、「作品集3 ライヤー教授の午後」から『アン』『クレイジーアン』『骨』が含まれている。
コレを買うと、『龍神伝説』は『井戸の怪』の重複を我慢して作品集2を買うか、「文庫版16 猟奇博士」を買うほかなくなる。
そして文庫版16を買うと、収録内容のダブる「作品集4 宵闇通りのブン」が買えなくなるから、宵闇~は奇妙な世界で買うとして、そうなると、『たった一人の日本人』が……




ああ……もう……
 
PR
NAME:

URL:

COMMENT:

<<やっぱり結構時間かかった | HOME | 髪切りたい。>>
【PR】 忍者ブログ [PR]