忍者ブログ
◆ 最近は、体と生活リズムが壊れてるところです。 (2012/09/23)
 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
かいてるひと:ama
サイト:Passionate SAffron


発想切り売りサイトを運営。
「世界樹の迷宮キャラスレまとめサイト」では、中の人だよってしょっちゅう公言してるけど暗黙の了解で同一人物とはされない、みたいな立場を目指しています。

メール:
syhryh.sd@gmail.com



ニコニコ :
11586588
pixiv :
944336
ピアプロ :
MZRSEN
Twitter :
MZRSEN
漫画読もっ! :
daydreammix

いや、何でも貼りゃいいってもんじゃないな。
最新のコメント
ama (06/19)
冬草夏虫 (06/19)
ama (06/06)
冬草夏虫 (06/05)
ama (06/04)
(ら) (06/02)
ama (04/16)
No Name (04/14)
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4ヶ月ほど旅に出ていた大将が戻ってきたというので、札幌郊外を少し練り歩く。
最初の写真は、MD90(郵政カブ)の「メグさん」の調子を確かめる大将。





残念ながらガソリンがまったく入ってなかったそうだ。
本来冬篭りの前に満タンにしておいて、結露を防止するらしい。

さて、いつもなら温泉めぐりの旅になるところだが、実を言うと今年の冬、例年よりは暖かい。
祝日で道路が混んでる事もあり、いまいち冬の温泉、と言う気になれず、ひとまず大将お気に入りのパキスタンカレー屋「カラバトカリー」へと車を走らせる。



なかなか変り種。細かくほぐした繊維状の鶏肉がルーに混ざり合っていて、時々硬い、軟骨のような歯ごたえがある。
どう言ったスパイスを配分したものか、一口目は甘さや酸味を感じ、空腹も手伝ってすいすいと食が進むのに、食べ終わる頃には何故か辛い!
しかし漬物のサラダと、食後のチャイがうまいこと良いバランスを保っており、完食した後には「もう一回食べに来たいな」と思わせる。

大将はそう思い続けて、旅の前にはすっかり常連になってしまった。北海道に帰ってきたらまず行きたい店の一つが、このカラバトカリーだったのだそうだ。

なお、写真は大盛りで、サラダとチャイ込みで980円。大食漢を自負する男性でも、確実におなかいっぱいになれる量である。




温泉企画を取りやめてからの新たな目的は、楽器屋探索。
メカメカしいものは男の子のロマン。大将はリズムマシンやボコーダーなど、私はシンセサイザーなどを何十分もかけて見回る。

そこで見つけたのが写真の……何だろう?

どうも『TENORI-ON』と言うヤマハの新製品で、16x16のボタンがついたシーケンサーらしい。
常に左から右へ一定のテンポで再生バーが描画されており、ボタンを押して点灯させると、再生バーが重なった瞬間に、そこに割り振られた楽器が発音される。
つまり縦軸はハイハットやバスドラムなど楽器の種類、横軸はタイムラインで、絵を描くように楽譜を作るちょっとした「おもちゃ」なのだ。

そう、実際は1ループ16分割までしか作成できないし、外部音源からのサンプリングもできるらしいが、演奏には到底向かない。
構成をきちんと考えればライブパフォーマンスにも役立つかもしれないが、60000円と言う価格はちょっと機能に見合わない。

絵を描くとそれに応じた音楽が作られる、と言うコンセプトは非常に面白いが、今後のシリーズ化に期待……が精一杯の評価だろう。

などとエラそうなことを書きつつ、これでたぶん20分くらいは遊んでたんだけどね。


《主にした会話》

4ヶ月ぶりということで、積もる話もある。
例えば、「シュビドゥバ」について。

スキャットである。
ムードのある音楽によく合う。
しかし、シュビドゥバと言われても、意味となるとまったく解らない。
ここに例えば、擬音としての価値を持たせられたなら、シュビドゥバも一皮剥けるのではないだろうか。

ama『ビールの缶を開ける場合』
大将「ああ」
ama『シュビッ(缶のプルタブを開ける仕草)』
大将「シュビッ(缶のプルタブを開ける仕草)」
ama『ドゥバー(ビールを飲む仕草)』
大将「ドゥバー(ビールを注ぐ仕草)」

決裂。

ドゥバーはどっちかっと言うと出す音だろう、と叱責を受ける。




もしお土産の余裕があれば是非酒を、と所望したためかどうかは解らないが、九州の焼酎をもらう。
もう解散後と言う訳で順番にちびちびと頂いておりますが、旨いよ、コレ。

米も芋も良いが、一番のおすすめだったらしい麦がかなり良い。
43度のアルコールを水などで薄めたりせず、生のまま飲む。風味の広がり方が生半可でない。元々上戸ではない大将がハマったと言う事もあり、麦の味の強さが非常に魅力。
本当に良いものを貰った。しばらくの楽しみになりそう。




初公開、amaやんのキッチン。エセ打ちっ放し感のあふれる壁が好きです。
不精者の私に代わり、さすが大将、手際よく砂肝をさばいていきます。


居酒屋勤務経験の腕がうなる、皮ポン(鶏皮とネギのポン酢仕立て)と砂肝炒め。


そして即興ペペロンチーノ。
本当に、料理の得意な人だ。



んで、そのお礼と言う訳でもないけど、ピアノおけいこ楽譜集というものを作っていたのですよ、私。
いま食卓見たら、その楽譜、大将忘れていってるんだけど。
まあいいか。
 
PR
NAME:

URL:

COMMENT:

まぁ忘れ物するのはいつもの事ですよ。
ちなみにカラバトは高校生の時から通ってるよ。今のマスターは二代目で、親父さんは本州に店舗出してそっちにいる。
あのカレーは水を一滴も使っていないんだぜ。全部野菜の水分。

posted by 日本一周中のたいしょう 2010/01/12 10:47
まだ一周中だったのか、って書こうとしたら、一種宇宙って出たよ。
posted by ama 2010/01/12 20:39
<<新ネタ | HOME | テンションの上がる曲>>
【PR】 忍者ブログ [PR]